月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2004年
  • 藤末健三後援会
  • 藤末健三後援会
  • ふじすえ健三メルマガ
  • 参議院比例代表の投票
  • ふじすえ健三チャンネル
  • facebook公式アカウント

ブログ

「ODA委員会」 平和を全面に出すべき

私はJICAの緒方理事長から新JICAについて伺いました。
「新しいJICAの4っの使命のひとつに日本国憲法にある
『ひとりひとりの人間が恐怖と欠乏から免れる』が明示され、
また、JICA研究所が設置されます。すばらしい進展ですが、
もっと『平和』を全面に出すベきではないか。」
と申し上げました。
もっと0DAを納税者のため世界平和のために使うべきだと考えます。

H20年 収支報告書公開

頑張れ!ふじすえの会・・・・・資金管理団体
民主党参議院比例区第46総支部・・・・・政党支部

*藤末の収支報告書を神奈川選挙管理委員会に提出いたしました。
*両方とも収支報告書は公認会計事務所の監査を受けています。 
*すべて領収書があります。

<収入の主な収入源>
 *頑張れ!ふじすえの会(資金管理団体)
   皆さまからのご寄附、セミナー収入、勉強会、憲法冊子販売など
 *第46総支部(政党支部)
   党から交付金、個人、企業からのご寄附。交付金は国民の血税ですので、使い道が
   制限されています。
<支出について>
 ・経営経費については一般的な支出ですので、ここでの細かい説明は省きます。
 ・政治活動にについて
    5.組織活動費:項目としては、アルコールを含む飲食を除く(茶菓、弁当、昼食代程度はOK)
               行事・会議費、会合費、また党務としての旅費交通費、外部団体への
               会費、協賛金、賛助金、各種寄附など。交際費は完全禁止。
    7.①機関誌の発行費:皆さまにお送りしました、「ケンちゃん通信」「国会発言集」などの
                   作成、印刷代などです。
      ②宣伝事業費:宣伝広告費、遊説費であり、藤末のBlogメンテナンス、コーデュネート費などです。
      ③セミナー開催費:昨年11、12月に行ったセミナー開催の経費です。会場代、案内状印刷代
                  発送費などです。
      ④その他の事業費:憲法冊子の増刷代などです。
    8.調査研究費:藤末事務所では、業務委託契約を結んで、政策スタッフ、名刺入力作業など
               やっていただいています。その費用がすべてこの項目に入ります。
               また本代、資料代、外部研修会への参加料もここに入ります。

民主党「地球温暖化対策基本法」の議論

わが党の地球温暖化対策基本法案を議論しています。
地球温暖化への対応だけでなく、景気・雇用対策も
ターゲットにします。

これは基本法ですので、これから具体的な施策や予算を
詰めていく必要があります。
クリーン自動車、省エネ機器などの買い替え・導入促進を
進めたいと個人的に考えています。

スライド1.JPG

フジサンケイビジネスアイのインタビュー記事


自動車産業と電機産業に依存した産業体系の危険性を指摘しました。

「財政金融委員会」 わが国の港湾の競争カ

今日は関税法の改正の審議です。
私は関税申請システムや貿易管理システム、食料検査システムなどが各省庁でばらばらに作られており、輸入手続きに3日弱もかかります(2006年時点)。

シンガポールは海上で無線で申請ができるためノンストップだそうです。
日本の港湾はどんどんアジアの港湾に抜かれています。
省庁のセクショナリズムを政治のイ二シアティブで変えるべきと与謝野大臣に提言しました。

volumeofcontena.JPG
競争力を失うわが国の港湾
審議ではこのデータを示して、議論を行いました。

喫茶店で論文書き

今日は、とある学会の論文投稿の締め切りが3月31日ですので、気合を入れて論文を書いていました。

午前中は家で書いていましたが、私の机はなく。
リビングのコタツで書いていましたが、さすがに集中力が続かず、駅前の喫茶店に行きました。

IMG_4881.JPG
本当にはかどりました。
ほぼ仕上がりました。
店が混んでいなかったとは言え、カフェオレL一杯で3時間以上お邪魔して申し訳ありませんでした。
感謝です。

『俺は、中小企業のおやじ』 鈴木 修著

軽自動車の雄、スズキの鈴木修社長のご著書です。

きっと社員の方へのメッセージとして書かれた本ではないかと思いました。
orehatyuushoukigyounooyaji.jpg

私が読ませていただき印象が深かったのが、
私の経済産業省での上司だった小野浩孝氏が経済産業省の課長時代に
「役所を辞めてアメリカでベンチャーでもやりたい」と仰っていたことでした。

Mr通産省、という感じの方だと思い込んでいましたので、少なからずびっくりしました。

鈴木社長のお言葉
有給休暇は死んでから嫌というほどとれる

私も命をいただいている間は、休みなく生きたいです!

平成21年度予算の問題点

私は平成21年度予算案に対して、反対しました。

反対の理由は、

①本予算は、平成21年度の実質成長率がマイナスではなくゼロ%という
非現実的な前提に基づき編成されたものである

②道路特定財源の一般財源化の方針が完全に骨抜きにされているとの
ことです。道路特定財源は形式的に一般財源化されるものの、社会保障に
回ったのは、わずか600億円である

③本予算では、「経済緊急対応予備費」1兆円が創設されているが、
1兆円もの支出を西部に白紙委任することは、財政民主主義への
重大な挑戦となる

という点です。

5人の同志がいれば変えることができる

昨日、故大平首相と仕事をされた経験がある先輩から
大平首相が「5人の同志がいれば日本を変えることができる」と
おっしゃっていたと聴かせていただきました。
5人の仲間がいれば日本を変えることができる!
非常に勇気を頂きました。
私は我が国の経済も社会も今抜本的に変えなければ
もう変えるチャンスは来ないと思っています。
危機をチャンスにするようにがんばっていきます。

ODA特別委員会で質問させていただきました

本日、ODA特別委員会において、外務大臣に対し、PCIという企業のODA不正利用について質問させていただきました。


中曽根外務大臣


ODAは武力によらない国際貢献の大きな方法の一つです。
国民の皆さまから信頼してODAに税金を使わせていただけるよう、
透明性を高くしなければなりません。

1   2   3   4   5
 

トップへ戻る