月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2004年
  • 藤末健三後援会
  • 藤末健三後援会
  • ふじすえ健三メルマガ
  • 参議院比例代表の投票
  • ふじすえ健三チャンネル
  • facebook公式アカウント

ブログ

小沢幹事長の「起訴相当」に想う

私は1つのポリシーがあり、このウェブサイト上で時事・政局については語らないこととしていますが、
今回は、口をつぐんでおくわけにはいかないため、あえて発言させていただきます。

4月27日の検察審議会で小沢幹事長が「起訴相当」との議決を受けました。
このことについて、3つのことを言わせていただきたく思います。

1)小沢幹事長は、辞任されてはならない。「辞任ではなく説得」、国民のみなさまに、
これまでの経緯を説明され、是非とも説得していただきたい、ということ。

2)企業・団体献金の禁止は今国会で必ず成立すべし。これは、常に私が提唱していることでございます。

3)民主党が単独で政権を担う必要があります。2)の問題も、国民新党の反対で、止まっております。イタリアなど、連立政権の国は、とかく小規模なイシューで政権がゆらぎがちです。これでは、国民のための安定した政策が打てません。
昨夏総選挙の民意は国民新党、社民党を政権に入れることではなく、民主党に政権を担わせてみよう、ということだったはずです。

昨夕のTBSニュース番組では、私はこうした回答をいたしましたが、1の冒頭部分のみ切り出されてしまい、本意をお伝えすることはできませんでした。

普天間という大きなハードルを超えなければならない

4月22日にニコニコ動画公式生放送で対談テーマとさせていただいた普天間問題、
4月25日には9万人の反対集会が行われました。
沖縄での現地調査、そして、昨年会談したダニエル・イノウエ氏からの情報など1次情報を駆使し、
私の考え方をまとめた記事を本日、公開させていただきましたが、すでに多くの反響をいただいております。


われわれ民主党にとって、普天間は大きなハードルです。
これを超えなければなりません。

100428futenma.JPG

長谷川穂積よ、具志堅用高+イチローになってくれ!

今月30日、長谷川穂積選手がWBC世界王座の11度目の防衛戦を行います。
3つのことを述べさせていただきます。

1)長谷川選手は、1秒間に10発のパンチを打てる選手です。天才です。

2)彼は、米国に行きたいと言っていたことがあります。なんとしても応援したいです。

3)私の夢は、プロボクサーが全てのプロスポーツ選手の所得のトップに立つことです。
具志堅用高は、実際にそうでした。

所得面で具志堅用高、米国で活躍するという点でイチロー、この2つを兼ね備えた
選手になっていただくべく、プロボクシング振興議連で応援したいです。

同日には、西岡利晃選手の防衛戦もあります。彼は、渋いボクサーです。
2人の日本人が、そろって快勝!してほしいです。
...私は、仕事でテレビを観ることができませんが、こころの中で応援しています!

私ももっと練習したいです。
fboxing.JPG

宇宙政策推進議員連盟の副会長となりました

民主党宇宙政策推進議員連盟(樽床伸二会長、岸本周平事務局長)が設立され、
藤末健三も副会長として参加させていただけることとなりました。

本議連にて、宇宙開発利用の重大性と今後のわが国の宇宙政策の在り方について、
長期的な視点で情報交換と勉強をして参ります。

さて、4月20日に前原宇宙開発担当大臣の私的諮問機関が、「宇宙庁」創設を含む
提言書を出したとのニュースがありました。
私も早速この提言書を入手し、細部まで考察を加えてみました。
日経Tech-On!に記事として公開いたしましたので、是非ご覧ください。
100426space.JPG

ネット選挙クチコミ集約と、舞台:テレビが一番つまらなくなる日

インターネット選挙運動解禁に向け、与野党の協議機関が立ち上がり、動きが進んでいます。
私も、国民の皆様からの世論を集約するため、本サイトに特設ページを作りました。
これは、ホットリンク社のクチコミ情報集約サービスバズステッカーを使用したものであり、
ブログや2ちゃんねるなどでどのような世論が形成されているのかをリアルタイムで
把握することのできるすぐれものです。
是非、フォローください。

ネット選挙といえば、友人の放送作家きたむらけんじさん主宰で、
夏の参院選をテーマにした舞台「テレビが一番つまらなくなる日」
がGW明け5月11日より開催されるとのこと。
選挙特番に興味のない方々とっては、投開票日のテレビはたしかにつまらないものでしょう。
しかしそれを逆説的に、投票率アップにつなげるというアイデアに感銘いたしました。
詳細は、こちらでどうぞ。

100424tv.jpg

改正貸金業法を実施すべきではない

消費者金融業者への規制を厳しくする「改正貸金業法」が6月18日より完全施行されます。
わが国では、中小企業経営者が個人として消費者金融等を利用し、
会社の運転資金を捻出しているという現実があります。

今回の法律が施行されると、それができなくなり、産業に影響を与えるのではないかと感じています。
また、借り手と想定される方々が施行を理解されているのかも、金融庁は正確なデータを
把握しているわけではありません。

詳細は、こちらに書きましたので、是非ご覧下さい。

永田町なう3~山本一太さんとの普天間対談

本日17時~17時50分、ニコニコ動画生放送にて、藤末健三vs山本一太さんの
普天間問題に関する対談を行いました。
来場者数約5000人、コメントも3万近くいただきましたが、
いつもながらあまりに的確なコメントばかりで、びっくりです。
番組アンケートで、9割の方が総理の責任に言及されていたことも
真摯に受け止めねばなりません。
国民の皆様がいかに普天間問題に関して、そして政権の対応について
問題を感じられているかを痛感いたしました。

ニコニコニュースで動画ハイライトも公開いただきました。
また、普天間について私見を整理した記事を来週中にアップしようと思います。

nagatachonow3.JPG

仕分け第2弾に関連して

23日により、政府の行政刷新会議による事業仕分け第2弾がいよいよ始まります。
昨年の事業仕分けでは、予算の使われ方に焦点が当てられていましたが、
今回は、独立行政法人や国所管の公益法人の実態を解明する作業となります。

官僚OBの天下りによる税金の無駄遣いを根絶する成果が必要です。

本件については、私も昨年から問題意識を持っており、
日経Tech-On!に

いよいよ始まる研究開発独法の天下り見直し

との記事をアップいたしましたので、是非ご覧下さい。

sciencebudjet.JPG

ビジネスモデル学会10周年に寄稿

今から10年前、私が東大助教授をさせていただいていた際に、
奔走して設立した「ビジネスモデル学会」が設立10周年を迎えました。
それを記念した寄稿文を書かせていただきましたので是非ごらんください。

また、東京大学の学内広報とサイゾー5月号にも載せていただきました!
100419media.JPG

社会インフラ向けITが切り札

日経ITproに私のインタビュー記事
が掲載されました。

交通や電力網、医療などの社会インフラで使っているITの力は日本が優れています。
日本のように、きめ細かく社会インフラを管理できるシステムを持っている国はほかにありません。
停電などがめったに起こらないのも、電力網を管理するシステムが優れているからです。
ここは日本のIT企業にとっての強みになるはずです。

詳細は是非、こちらでごらんください。

100418itpro.JPG

1   2   3
 

トップへ戻る