月別アーカイブ

2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2004年

ブログ

社会番号・税番号について議論  はてなブックマーク - 社会番号・税番号について議論

2011年10月07日

現在開催中のCEATECにおいて、今まさに法案を作成中の「社会税番号:マイナンバー」についての公開討論会が開かれました。自民党の村上誠一郎衆議院議員も参加され、非常に興味深いスピーチをされました。
bangoutouitsu.png
私は、地方自治体のクラウドシステムを推進している立場で話をさせていただきました。
私が考える番号のメリットは大きく三つ

1. 利用者の利便性向上:平日に休んで証書を取りにいかなくともよくする。

2. 財政への対応:行政の効率化により行政経費を削減し、同時に収入と資産の正確な把握により税収を増やす。(ある推定値では5兆円税収増)

3. 新ビジネスの機会:民間企業でも利用できるようにすることにより、新しいビジネスが生まれる(個人的には社会福祉、医療、教育などを想定)。

次の国会に法案が出ます。私が所属する総務委員会でも二つの関連法案を審査する予定です。
グリーンカードなど過去に失敗した事例があります。民主党が政権をいただいた変化の証として番号制度を実現していきます。

トップへ戻る