月別アーカイブ

2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2004年

ブログ

中国はハイブリッドより電気自動車に!  はてなブックマーク - 中国はハイブリッドより電気自動車に!

2011年12月24日

中国政府は第12次5ヵ年規画(2011~15年)で、
次世代自動車産業の振興策として「3縦3横3フォーム」を掲げています。
「3縦」:燃料電池EV、ハイブリッドカーとバッテリー式EVの発展を促すこと、
「3横」:エネルギー管理システム、電動モーター・関連コントロールユニット、バッテリー・電池管理システムという3つのコア技術、
「3フォーム」:技術標準、インフラ設備の開発と建設、ビジネスモデルの研究

中国政府は3縦のうち、ハイブリッドカー分野では既に遅れており、EVをメインに進める方針です。EV購入者に出す補助金はEVには1台当たり最高6万元(1元=約12.2円)、政府は2015年にEVの保有量を100万台、20年に1,000万台に上げる目標を掲げています。

中国では電力会社がEVに参入しようとしており、ガソリンスタンドのパターンでEVに電力供給をするプランを作っているとのことです。このやり方は日本でも研究が必要でしょう。

私は自動車が最終的に電気自動車になり、CO2を発生しないエネルギー源で電力を供給されるようになると見ています。電気自動車は、内燃機関(エンジン)をもつ自動車よりはるかに軽く、遥かにエネルギー効率が良くなることは間違いありません。

ハイブリッドからプラグイン、そして電気自動車へと順番立てて移り変わるのが自動車会社の漕艇でしょうが、中国のような国では一気に電気自動車社会が生まれる可能性があります。
注視が必要です。

スマートプロジェクトの代表でエコポイントの提唱者 加藤敏春さんからの情報を参考に書いています。

トップへ戻る