月別アーカイブ

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2004年
  • 藤末健三後援会
  • 藤末健三後援会
  • ふじすえ健三メルマガ
  • 参議院比例代表の投票
  • ふじすえ健三チャンネル
  • facebook公式アカウント

ブログ

参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員会で質疑  はてなブックマーク - 参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員会で質疑

2014年03月18日

本日、午前中に沖縄及び北方問題に関する特別委員会で質問します。 質問内容は以下のとおりです。


1.北方四島に先祖のお墓を残している方々がいる。しかしながら、「墓石が古くなっており、ご先祖様に申し訳ない」と嘆いている声を聴いた。政府として何らかの対応をできないか。(沖縄及び北方対策担当大臣)

2.北方四島に対する国民の意識が低くなっている。返還運動に参加しやすい環境を整備するため、一般国民だけでなく、企業を中心に伝えるべきではないか。(北方領土問題の認知度は8割、一方約6割は返還運動に参加したくないと回答。2013年内閣府調査)(沖縄及び北方対策担当大臣)

3.沖縄振興法の改正を行うが、今までの政策の評価と新しい政策による成果の予測をやっているか。(沖縄及び北方対策担当大臣)

4.離島の方々は島の実効支配をして領土保全を行っている方々。ユニバーサルサービスがきちんと確保出来ているかを調査しているか。(沖縄及び北方対策担当大臣)

5.沖縄において、自然エネルギーの導入をより一層進めるべきではないか。例えば、宮古島を100%自然エネルギー利用にするとともに、宮古島のような島を増やすべきではないか。(沖縄及び北方対策担当大臣)

6.沖縄科学技術大学院大学においては産学連携をどのように考えているか。また、世界ランキングで相当上位を狙えると考えるが、目標はあるか。今後の拡充計画はどうなっているか。(沖縄及び北方対策担当大臣)

7.北方領土、竹島、尖閣諸島など、領土問題の歴史をきちんと国民と世界に発信すべき。どのような取り組みを行っているか。(沖縄及び北方対策・領土問題担当大臣)

8.SNSを使うと言っているが、どのようにやっているか。(沖縄及び北方対策・領土問題担当大臣)

9.特にネットが重要。北方領土はロシア語、竹島はハングル語、尖閣諸島は中国語で発信すべきであるが、やっているか。外国の若者に向けて、SNSを使うべきではないか。(沖縄及び北方対策・領土問題担当大臣)

10.大学に領土問題研究センターを設置し、事実関係の整理、他国の主張への反論研究、情報の内外への発信を行うべきと考えるがどうか。文部科学省と連携できないか。(領土問題担当大臣)

11.領土問題の歴史、靖国神社の歴史も含め、近代史をもっと学べるようにすべきではないか。日本史は近代をもっと学ぶようにすべきではないか。(文部科学省)

 

トップへ戻る