月別アーカイブ

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2004年
  • 藤末健三後援会
  • 藤末健三後援会
  • ふじすえ健三メルマガ
  • 参議院比例代表の投票
  • ふじすえ健三チャンネル
  • facebook公式アカウント

ブログ

総務委員会で地方創生における郵便局の活用と離島問題を  はてなブックマーク - 総務委員会で地方創生における郵便局の活用と離島問題を

2015年05月12日

1.「郵政民営化の進捗状況についての総合的な検証に関する郵政民営化委員会の意見」について

問:4月17日に提出された「郵政民営化の進捗状況についての総合的な検証に関する郵政民営化委員会の意見」では、日本郵政グループが「地方自治体や地域の企業・団体との協働や郵便局の多機能拠点化」を進めることで、「地方創生」に貢献していくべきとの考え方が示されている。これに関して、過疎地域等集落ネットワーク圏形成支援事業を始めとする予算・制度の活用・創設も含め、総務省として、日本郵政グループ及び地方自治体に対して、具体的にどのように連携・支援を進めるつもりか。
総務大臣から、「郵便局ネットワークの地方創生への活用方法を検討したい」旨、前向きな回答を頂きました。

問:上記の意見の中で「グループ内で、介護分野に対する高齢者ニーズへの対応を図る新たなビジネス展開の可能性を探る等、多角的な観点から今後の在り方を検討する必要がある」との問題意識が示されている。郵便局ネットワークを活用した「公益性・地域性の発揮」として、高齢者支援サービスの推進について、国として調査研究を行うべきではないか。すでにひまわりサービスやみまもりサービスなどを行っており、このような公益性が高いサービスの支援を調査研究すべきではないか。
郵政行政部長から、IBMとAPPLEとの協力によるパッドを使った高齢者支援などの説明がありました。そして、そのような取り組みを政府としても支援したいと回答がありました。

問:IBMとAPPLEとの連携によるパッドコンピュータのサービスもマイナンバーを必ず使うことになる。郵便局において、公益性・地域性の発揮のため、マイナンバー制度に関して、連携していくべきではないか。
郵政行政部長より、他省庁と連携して進めたいとの回答でした。

問:独居老人の安否確認サービスについて、過疎地の地方自治体は予算的な余裕がない状況。将来的に公的な補助制度の導入を検討すべきではないか。(これは離島などでみまわりサービスに対して自治体が支援できないかとの意見を頂き、質問しました。)
総務大臣から、総務省や自治体の様々な独居老人支援の制度の紹介が行われ、そのような制度と郵便局ネットワークの連携について言及がありました。

問:本日、超党派のマイナンバー議連が第一回目の総会を開いた。マイナンバーの活用は超党派で進めていく。マイナンバー制度を活用した郵便局における行政サービスの拡大について、進捗状況を確認したい。
内閣官房向井審議官から、いつものように電子郵便によるマイナンバーの通知や郵便局によるマイナンバー活用の可能性など前向きな回答を頂きました。今回は、IBMとAPPLEとの協力によるサービスについても言及をもらいました。

2.離島への支援について
問:最近で3つの離島を訪問している。国境を接する離島で継承者がいない家や土地が散見されるようになっている。このような問題をきちんと国は把握すべきと考えるがどうか。
国土交通省局長から、把握に努めたい旨の回答があり、また、自治体による取り組みを応援したいとの発言がありました。(藤末は国が対応しないと難しいと思います。)

発言のみ:離島など高齢化率の高い地域に重点を置いた公的機関によるリバースモーゲージの制度化や、民間金融機関に関する普及支援策を講じてはどうか。特に平成9年に策定された「郵便局ビジョン2010」では、郵便局が担うべき高齢者の自立支援サービスの1つとしてリバースモーゲージを検討すべきとの方針が示されていた。郵便局以外の金融機関も含め、リバースモーゲージへの取り組みや普及を進めてはどうか。

問:「特定国境離島保全・振興特措法案」に対する大臣の見解。また、離島における金融、通信、郵便などユニバーサルサービス確保にどのように取り組んで行くか。
総務大臣から議員立法を頑張ってほしいとの回答でした。(超党派で頑張ります。)

問:離島のガソリンの価格が本土と大きく差があるが、どのような措置を行うか検討すべき。
資源エネルギー庁住田部長から、離島のガソリン補助金30億円の説明。価格差の現状(地域で違うが平均で20円/リッターになっている)の説明がありました。

今後は、やはり郵政グループの上場に関する質問をしていきます。

トップへ戻る