月別アーカイブ

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2004年
  • 藤末健三後援会
  • 藤末健三後援会
  • ふじすえ健三メルマガ
  • 参議院比例代表の投票
  • ふじすえ健三チャンネル
  • facebook公式アカウント

ブログ

級友からのアドバイス「まだ見ぬ人のために木を植えよ!その木の下で自分が休むことがなくとも」  はてなブックマーク - 級友からのアドバイス「まだ見ぬ人のために木を植えよ!その木の下で自分が休むことがなくとも」

2015年06月09日

MIT(マサチューセッツ工科大学)の旧き級友と食事をさせてもらいました。
その時、級友が「けんぞうを含め、みんなの将来像を聴いたが、全て自分人生の中でできることしか表明されていなかった。」
「自分の代で終わらない仕事、次世代が受け継ぐような夢がなかった」

と言われました。

すごいインパクトでした。確かに「アジア太平洋の国境をなくしたい」などほらを吹いていましたが、それを次世代に託すまでの思いがありませんでした。


ギリシャのことわざに
“A society grows great when old men plant trees whose shade they know they shall never sit in.” -Greek Proverb

 

A society grows great when old men plant trees whose shade they know they shall never sit in.jpg

 










出典:http://imgur.com/gallery/xtaW7WF

 

「年老いた人が自分が日陰で休むことがない木を植えるときに社会が発展する」
とあり、まさしく自分は政治家として、木を植えるという心構えがないと痛感しました。
このような気付きを与えてくれた友人に深く感謝です。

 

IMG_3190.JPG

 

 

 

 

 

 

 

誰が何人かわかりますか?

 

全く根拠はないですが、政治家にさせて頂いた時から、アジアをひとまとまりにしたいという思いがあります。
おそらく、これから30年くらいで形ができ、民主主義まで統合するには100年くらいかかるでしょう。
必ず未来の「日本だけでなく世界の子どもたち」のために木を植えます。

 

トップへ戻る