月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2004年
  • 藤末健三後援会
  • 藤末健三後援会
  • ふじすえ健三メルマガ
  • 参議院比例代表の投票
  • ふじすえ健三チャンネル
  • facebook公式アカウント

ブログ

「日本人女性信徒が語るイスラーム案内 」  河田 尚子 (著)  はてなブックマーク - 「日本人女性信徒が語るイスラーム案内 」  河田 尚子  (著)

2015年07月27日

2004年に9.11テロを起因とするイスラームへの誤解をとくため、イスラームに入信した日本女性である著者がイスラームの基本的な信仰信条や生活のあり方を紹介するに書かれた本です。

isura-muannnai.png

著者 河田尚子氏とは、国連の核兵器廃絶の会議などに緒に参加しており、また、UNICEFの活動などでもつながりがあります。

DSC05575.jpg

「日本人女性信徒が語るイスラーム案内 」を持って、河田尚子さんと

本書は、過激派イスラームISIL(日本では「イスラム国」)の問題が注目が集まり、ますますイスラームに対する誤解が広がる中で、再版すべきではないかと思われます。

本書を読むと、私の個人的なイメージですが、

  1. イスラームは日本人が思う宗教よりも「生きる道」のようなものであること。
  2. イスラームは女性を虐げているようなイメージがあるが、それも誤解があること。
  3. アッラーは、日本でいう「お天道さま」のようなもので、全てを見ており、見守っていること。
  4. 色々なやなことが起きてもアッラーから与えられたものとしてうけいれること(仏教も基本は同じだと思います。)
  5. 「イスラム原理主義」というイスラームを厳密に守っているというイメージになるが、実際はイスラームの道を完全に踏み外していること。
  6. 同じく「ジハード」も「聖戦」と訳されますが、もともとは「奮闘努力すること」であること。

など、イスラームのことが少しは理解できたと思います。

これからますますグローバル化が進む中で、日本人もイスラームへの理解を深めなければいけないと常々思っていました。
本書は、すばらしい入門書だと思います。

トップへ戻る