月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2004年
  • 藤末健三後援会
  • 藤末健三後援会
  • ふじすえ健三メルマガ
  • 参議院比例代表の投票
  • ふじすえ健三チャンネル
  • facebook公式アカウント

ブログ

「災害対策アジア太平洋国際議員フォーラム:ジャパンラウンド」に参加しました!

国会の国際会議場(東京)で「災害対策アジア太平洋国際議員フォーラム:ジャパンラウンド」が開催されました。

 

IMG_0734.jpg

 

国際フォーラムの前に、超党派の「災害対応アジア太平洋議員連盟設立総会」が開催され、塩崎恭久衆議院議員が会長に選出されました。

災害における国際協力は、憲法前文にある「全世界の国民がひとしく(災害という)恐怖から免れる」という憲法の平和主義を実現するための一手段だと思い、取り組みつもりです。


議員連盟の設立総会に続き、「災害対応アジア太平洋国会議員国際フォーラム:ジャパン・ラウンド」が国会の国際会議場で開催されました。

日本からは標記議員連盟から12名、韓国から4名、バングラディシュから2名、インドネシアから1名の国会議員が参加し、スリランカからは防災担当大臣が参加されました。

 

IMG_0737.jpg

 

まず、それぞれの国から、各国の防災・災害対策への取り組みが紹介され、その後、アジア太平洋地域どのような防災・災害対策の協力ができるかを議論しました。韓国の議員からは「原子力発電所の災害への対応」が議題として提案されたのが印象的でした。

特に、台風や地震・津波などに被災した時、災害後の一日も早い復興と復旧の協力をどのように進めるかに議論が深まりました。また、災害対策マニュアルの作成における協力も提案されました。

最後に、このような防災における国境を越えた協力を政治のレベルで進めようと誓い合いました。

 

IMG_0739.jpg

 

国連核軍縮作業部会における「核兵器禁止条約に向けた報告書採択」に日本政府は棄権しました

昨年の核不拡散条約(NPT)運用再検討会議が決議文書を採択できなかった中で、核兵器の不拡散・廃絶の議論を進めていた「国連核軍縮作業部会:OEWG」がスイスのジュネーブで開催されました。(藤末はスケジュールの調整がうまくできておらず参加できませんでした。申し訳ありません。)

そして、20日には、「核兵器禁止条約を議論する会議を2017年に開くよう国連総会に勧告することを支持する」との報告書を採択しました。核兵器禁止条約の成立に向けた素晴らしい進歩です。

しかしながら、日本政府は採決を棄権しました。

確かに、日本がアメリカの「核の傘」の下にあることは理解しますが、それよりも「世界で唯一の被爆国」としての立場があります。
今まで国連などの会議に参加して感じるのは、「世界唯一の被爆国としての日本に対する各国(核兵器保有国を除く)の期待に十分に応えていない」ということです。

この報告書の採決では、メキシコやオーストリアなど核兵器廃絶に熱心な国を中心に68カ国が賛成し、核の傘の下にある22カ国が反対し、日本など13カ国が棄権しました。

そもそもこのOEWGにはアメリカ、ロシアなど核兵器保有国は参加していません。
核兵器非保持の国だけの集まりだからこそ、もっと日本としての意思を示すチャンスだったと思っていました。

今月末にも世界の政治家で核兵器廃絶を目指すPNNDからも核兵器禁止条約を進める宣言文書を作る予定です。
核兵器禁止条約の実現には大きな壁がたくさんあります。だからこそ、唯一の被爆国である日本がイニシアティブを取ることが求められると考えています。

蒲島熊本県知事と打合せをしました

仮設住宅に伺い、住んでいる方々のお話しを伺い、また、廃棄物処理の現場を見てきました。そこで、頂いた意見や気づいた点など知事に直接お話しをさせて頂きました。

知事からも直接、仮設住宅に伺い話を聞かせて頂こうと仰っていました。


蒲島県知事とは、私が東大助教授時代からのお付き合いです。

引き続き、様々な方々と手を取り合い、故郷熊本の復興に尽力していきます。

IMG_0722.jpg

仮設住宅にお住みの方々のお話を伺いました

熊本の被災地(益城町)の仮設住宅に伺い、住んでいる方々の声をいただきました。

いただいた声は、東日本大震災後の仮設住宅と同じで

・作りが雑。実際に部屋に入らせせてもらいました。釘の頭が浮いている。壁に隙間がある。窓の防熱が低い。取りつてた部品が外れている。など、工事が雑になっている箇所を見せてもらいました。

・仮設住宅の狭さ。被災した住宅の家具や家電が入らないため、トランクルームを借りている。

・役所の職員が一度も住民の声を聴きに来ない。なにかあったら電話してほしいといわれても、よほどの問題がない限りは役所に電話することはない。仮設住宅に来て、住民の声を聴いてほしい。

以上の声については、蒲島県知事に伝えるとともに、内閣府の復興本部に伝えさせてもらいました。内閣府からは熊本県と連携して対処するとの回答をいただきました。

また、

・郵便ポストとATMがなくて困る。

との声をいただきましたので、知り合いの郵便会社の役員に相談させてもらいました。郵便会社は、東日本大震災の時は、移動郵便局をサービスしていました。そのようなサービスを熊本の被災地でもしてもらえればと思います。

ちなみに、マクスバリューの移動スーパーがサービスをされていました。売り場面積は小さいですが、日常生活に必要なものが、一般のスーパーと同じ価格で提供されていました。素晴らしい支援だと思います。ありがとうございます。

IMG_0641.jpg IMG_0676.jpg8.19kumamoto  (6).jpg 8.19kumamoto  (5).jpg



御船の仮設住宅はプレハブでなく作りがしっかりしているようです。まだ、入居はされていませんが、もうすぐ入居可能になるようです。
8.19kumamoto  (7).jpg


 

郵便局でポケモン ゲット!

ポケモンGOが流行しています。
ゲームは全くしない藤末もやってみました。

正直、面白くてびっくりでした!
子供たちが昔やっていたポケモンの世界がリアルの世界でできるという、想像を超えたゲームでした。世界中でヒットしているのもわかる気がします。

そのポケモンが出没する現実の場所にポケモンゲーマーが集まるわけですが、なんと郵便局にポケモンが出現し、子供たちが集まっているようです。

是非とも、郵便ポケモン(ポストマンなど)などを作って、郵便局がもっと子供たちや人が集まるスポットになるといいなと思いました。

公益性が高い日本郵政の活動を四半期で見ていいのだろうか?

株のニュースを見ると
日本郵政が大幅反落、4-6月期(1Q)経常は40%減益という記事がありました。

そこには
『12日、日本郵政 <6178> が決算を発表。17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益が前年同期比39.8%減の1461億円に落ち込んだことが売り材料視された。
簡易生命保険の契約満期に伴う保有契約の減少で、かんぽ生命保険 <7181> が大幅減益となったことが響いた。国債利息が減少したゆうちょ銀行 <7182> も収益を圧迫した。通期計画の7700億円に対する進捗率は19.0%にとどまり、計画未達を懸念する売りが向かった。』
とありました。

株式上場により、経営の視野が短くなるのではないかと懸念していましたが、それが現実になっているように感じます。
また、現場で働く方々の声を聴くと、どんどん効率性や収益性を要求されるとのことです。民間企業であれば当たり前と言われるかもしれませんが、公益性という法律にも書き込んだ目標が忘れられないようにしていく必要性を強く感じます。
国会から指摘していきます。

エラ・ガンジー女史とともに湯崎広島県知事との意見交換会に参加

広島平和祈念式典に参列させて頂いた後、エラ・ガンジー女史やマイケル・チュアニー氏らとともに、広島県知事の湯崎知事と面会し、意見交換をさせて頂きました。

湯崎知事とは、広島を世界の平和の「ハブ」とする構想や、インターネットで広島の被爆体験を世界に広げる活動などで連携しようという話になりました。

実は湯崎知事とは25年前に通商産業省で一緒に仕事をした同僚であり、今回は忙しい公務の合間を縫って時間を作って頂きました。

今は首長と国会議員という立場ですが、これからも平和を願う同志として連携していきたいと願っています。

160806yuzaki1.jpg

71回目の広島平和祈念式典に参列

8月6日、71回目の広島の平和祈念式典に参列させて頂きました。
71年前の今日、そして3日後の8月9日に落とされた2発の原子爆弾を、
人類で使われた最後の原子爆弾にするため、この平和祈念式典は未来永劫続けなくてはなりません。
今年もまた核兵器廃絶そして世界平和への想いを新たにさせて頂きました。

160806hirosima1.jpg

また、式典において岸田外務大臣の真後ろに着席させて頂くことができましたので、
岸田大臣に「CTBTをはじめ、核兵器廃絶をともに進めさせてください」と申し上げることができました。

160806kishida1.jpg

党派を超え、核兵器廃絶に取り組んで参ります。

キム・ウォンス国連軍縮担当上級代表と意見交換

キム・ウォンス国連軍縮担当上級代表が来日され、PNND・JAPANメンバーとの意見交換会が開催され、核軍縮について議論しました。

キム上級代表からは、「CTBT(包括的核実験禁止条約)を日本からもプッシュして欲しい」と言われましたので、
唯一の被爆国である日本として、是非ともこれを支援していきたいと伝えました。

世界の核廃絶を目指す国会議員の集まりであるPNNDのメンバーとして、
日本政府そして同じ志をもつ国会議員へ呼びかけて参ります。

160804kim.jpg

日本郵便が「ゆうパケット」の一般利用客へのサービスを10月1日から開始

法人向け物品配送サービスである「ゆうパケット」をの取扱いを個人の顧客向けにも展開することを日本郵便が発表しました。
サービス開始は10月1日からといいます。

ネットで買い物をするものとしては、郵便ポストに投函できる「ゆうパケット」は宅配便よりも便利になり、利用者が相当増えると思います。

実際のパケットのサイズは
大きさ:3辺計60cm以下、長辺34cm以下
厚さ:3cm 以下
重量:1kg 以下
そして、料金は税込で
厚さ1cmまで250円
2cmまで300円
3cmまで350円
となるそうです。

藤末の父親は、ポストマンでした。父がポストマンとして稼いで、藤末を養ってくれました。
社会のインフラの充実のため、また、父に仕事を与えてくれた恩返しの意味も込め、日本のポスト事業の発展をプッシュします。

1   2
 

トップへ戻る