月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2004年
  • 藤末健三後援会
  • 藤末健三後援会
  • ふじすえ健三メルマガ
  • 参議院比例代表の投票
  • ふじすえ健三チャンネル
  • facebook公式アカウント

ブログ

核兵器禁止条約などを交渉する会議を招集する決議案に反対した日本  はてなブックマーク - 核兵器禁止条約などを交渉する会議を招集する決議案に反対した日本

2016年11月19日

10月のブログにも書きましたが、日本は、国連における「核兵器禁止条約」などを交渉する会議招集の決議案に反対しました。


結局は、123カ国の圧倒的多数の賛成で採択しれました。

これにより「核兵器を禁止し、完全廃絶につながる法的拘束力のある措置を交渉するために、2017年に国連会議を招集する」という決議が進められます。


反対は、アメリカ、カナダ、ドイツ、オーストラリア、イギリス、そして日本などアメリカの同盟国を含め38カ国となります(棄権は16カ国)。

アメリカは核兵器廃絶条約の枠組み自体に反対であり、核兵器による抑止を「アメリカの核の傘」に依存する日本やドイツ、カナダなどに反対を依頼したと言われています。


そして、日本は、「唯一の被爆国というたち立場」でなく「アメリカの核の抑止力」を優先しました。核の抑止は現実の問題として対応しなければなりませんが、唯一の被爆国としての役割を優先して果たすべきだったのではないでしょうか。


日本は反対しましたが、「核兵器を禁止し、核兵器のない世界」という理想に向け、国連が動き出すことになります。決議案は12月初旬に国連総会で採択される予定です。
是非ともPNND(核兵器廃絶を目指す世界の政治家のグループ)でのメンバーとして藤末もこの会議に参加したいと考えています。会議は、ニューヨークで開催されます。

トップへ戻る