月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2004年
  • 藤末健三後援会
  • 藤末健三後援会
  • ふじすえ健三メルマガ
  • 参議院比例代表の投票
  • ふじすえ健三チャンネル
  • facebook公式アカウント

ブログ

国会が終わり、民進党両議院総会で蓮舫代表に質問!  はてなブックマーク - 国会が終わり、民進党両議院総会で蓮舫代表に質問!

2017年06月16日

本日、実質的に193回通常国会が終わりました。
私は、民進党政務会長代理の役職を頂き、活動しました。
カジノ法に対応する「ギャンブル依存症対策基本法案」
共謀罪法に対応する「航空保安法案」「組織的犯罪処罰法改正案」
提出天下り禁止を行う「国家公務員法の一部を改正する法律案」
介護保険料増・介護サービス減に対する「介護崩壊防止法案」
など対案を仲間と一緒に作り、国会に提出できました。
ただ、世論的には、「重要法案に反対ばかりする政党」とのイメージを与えてしまったと反省しています。対案を十分にPRできなかったことを大きく反省です。

最後の本会議が終了した後に、民進党本部大会議室で「両議院議員総会」が開催されました。
私は自戒の念を込めて、二点質問させてもらいました。

 

170616両院議員総会.jpg

 


『蓮舫代表に二つ質問させて頂きます。
ひとつは、政調会長代理として自分自身が大反省している点ですが、この国会で国民の皆さんに理解されるような「提案型・対案型」の対応ができなかったということです。この点についてどのように考え、今後どのようにしていくかをお教えください。
もう一つは、安倍総理が憲法9条の改正、2020年までの憲法改正を唱える中で、「安倍政権の下での憲法改悪に反対」だけでは通用しないと考えます。次の国会で憲法改正議論が本格化するであろう中で至急9条を含んだ憲法改正の議論を行うべきだと考えます。今朝の憲法調査会でこの提案をさせて頂きましたが、明確な回答がありませんでした。今ここで代表に決断してもらいたいと考えますが、如何でしょうか。』

蓮舫代表からは
「多くの対抗法案を出したが、国民の皆様に理解されなかったと認識。対策を一緒に考えてほしい。
憲法の議論は慎重に進めるべき、これから地方ミーティングを進めていく。」
との回答でした。

正直なところ、これでは民進党が変わるとは思えません。

藤末自身が頑張れるところを頑張るしかないと思いました。

トップへ戻る