月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2004年
  • 藤末健三後援会
  • 藤末健三後援会
  • ふじすえ健三メルマガ
  • 参議院比例代表の投票
  • ふじすえ健三チャンネル
  • facebook公式アカウント

ブログ

日本郵政株の二次売却価額が1株あたり1322円となりました。  はてなブックマーク - 日本郵政株の二次売却価額が1株あたり1322円となりました。

2017年09月26日

昨日(9月25日)に財務省は、日本郵政株を1株あたり1322円で2次売却すると発表しました。株価は売却の公表前より高くなっていますが、株式公開時の1400円を下回るものです。

公募で1.3兆円、郵政の自社株買いで0.1兆円と1.4兆円の売却収入となります。一次売却と合わせて2.8兆円で、これらの収益は東日本大震災からの復興財源となります。

最終的な郵政株式売却による復興財源目標はは4兆円、2022年度までにあと1回売り出することになります。

この2次売却により、財務省が保有する郵政株の比率は8割強から6割弱に下がります。 三次売却でおそらく政府の保有比率が5割を割ると見ています。

そのような中で、郵政グループが、株主だけのためでなく、利用者ため、郵政で働く方々のため、そして地域や社会のため、に役立ってもらうようにしていかなければなりません。

郵政関連法制の見直しも含めて引き続き色々と勉強していきます。 

トップへ戻る