月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2004年
  • 藤末健三後援会
  • 藤末健三後援会
  • ふじすえ健三メルマガ
  • 参議院比例代表の投票
  • ふじすえ健三チャンネル
  • facebook公式アカウント

ブログ

障がい者の所得向上のための新たな施設が完成しました!  はてなブックマーク - 障がい者の所得向上のための新たな施設が完成しました!

2017年09月12日

本日、NPO法人AlonAlonと日本財団の協働プロジェクトとして、千葉県富津市に胡蝶蘭栽培を主な仕事とする就労継続支援B型事業所「AlonAlonオーキッドガーデン富津」がオープンしました。

 

170912オーキッドガーデン1.jpg

 

170912オーキッドガーデン2.jpg

このNPO法人AlonAlonの理事長である那部さんは、超党派議員連盟「障がい者所得倍増議員連盟」の事務局として、ともに障がいを持った方の所得の向上を目指して活動している方で、私の長年の友人でもあります。

170912オーキッドガーデン4.jpg
(理事長の那部智史氏)

170912オーキッドガーデン3.jpg
(議連会長の鴨下衆議院議員からの祝い花。これも障がい者の方がつくられたものです)

この施設は日本財団の障害者就労支援事業であるはたらくNIPPON!計画による助成金を得て建てられたもので、温室の状況を全てクラウドで管理し、365日稼働できるシステムが導入されている最新型の施設です。
広さは693平米あり、約18000株の胡蝶蘭を栽培できるとのことでした。

170912オーキッドガーデン5.jpg
(日本財団の笹川会長)

170912オーキッドガーデン6.jpg

 (温室の管理制御盤)

従来の就労継続支援B型事業所における利用者の平均工賃は月額15,033円(平成27年度。厚労省調べ。これでもこの10年間で20%以上アップしています)ですが、この施設では付加価値の高い胡蝶蘭の栽培を行うことで、月額10万円を目標とされています。

それを実現するためのプロジェクトの一つとして取り組まれているのが、「苗のオーナーをクラウドファンディングで募集する」ということです。

1万円で胡蝶蘭の苗を10株購入することで、1株を自分が好きなタイミングで贈る用のお花として、残りの9株を企業などへ販売する用のお花として育ててもらうことができるという取り組みです。

今日の開所式には多くのメディアも来場しており、新しい障がい者雇用の在り方として注目されていました。
すべての人が笑顔で働くことができる社会の実現に向けて、私も微力ですが、協力させて頂きます。

トップへ戻る