メディア情報

  • 藤末健三後援会
  • 藤末健三後援会
  • ふじすえ健三メルマガ
  • 参議院比例代表の投票
  • ふじすえ健三チャンネル
  • facebook公式アカウント

メディア情報

日テレBS「深層ニュース」で集団的自衛権行使容認を議論

7月1日の夜に日テレBS「深層ニュース」で集団的自衛権行使容認を議論させてもらいました。

議論のパートナーは、自民党参議院議員の佐藤正久氏、元自衛官で「ひげの隊長」で有名な方です。この分野の専門家ですので、収録の前などにも話をしましたが、深い知識と現場の経験を持っておられると感じました。

正直なところ、TVを見ている方に伝えたいと思っていたことを半分もお伝えすることができませんでした。なかなか人の発言に割って入ることができず。終わった後に「もっとコンパクトに、ずうずうしく話せばよかった」と大きく反省しました。

TVの情報伝播力はすさまじいものがあります。
今後、集団的自衛権の議論では、TVで発信できるくらいに知識と現場感(特にアメリカ政府や議会がどう見ているか)を身に着けていきます。

サーバーセキュリティについてBSフジPrime Newsで議論

BSフジPRIME NEWSに出演させてもらいました。
テーマは、サイバーセキュリティ。早速今日は色々と勉強しました。

数年前には民主党内のサイバーセキュリティの勉強会に参加していましたので、ある程度の土地勘はあります。

久しぶりに政府の関係者から話を聴きましたが、三菱重工の事件や昨年のイランの原発プラントへのサイバーアタックなどがあり、日本政府においてもサイバーセキュリティについての関心は高まっています。

しかしながら、一番の問題は政府のサーバー戦略を作る部門にITの専門家がいないことです。従って、法制度を整備すればそれで終わりという発想か、逆に分からないから進められないという対応になっています。

また、各省庁の対応が統合化されていなく、警察庁は非常に進んでおり、一方、他の省庁ではあまり対策が進んでいないとのモザイクになっています。これを政府として統合して推進するようにしていくことが必要です。

また、サイバーセキュリティ研究会を再開できるかは不明ですが、私一人でも政府のサイバーセキュリティ対策を見ていきます。

BS11 石川和男のひざづめ談義で「震災対策」を議論

4月16日朝8時放映予定の標記の番組の収録がありました。

自分の思いをしゃべられてもらえました。

私の思いは
• 新しい国家ビジョンに基づく「復興」「新生」を
• 省庁の壁、党の壁、地域の壁などを乗り越え、挙国体制で進めるべき
であり、

これから克服すべき課題は
• 財源確保 増税?国債の暴落+インフレの危険性(地震、津波、原発に続く第4の危機) 
• エネルギー供給 夏をどう乗り越えるか(6000万kwの需要に約5000万kwの供給)、長期的には省エネ型産業構造への転換?
• サプライチェーンの混乱
ということです。

英国の歴史学者アーノルド・トインビーは 「国家や文明は戦争や天災によって滅びることはなく、 滅びるのは挑戦への応戦力の喪失の結果だ」と指摘しています。
新しい日本を作る挑戦をしなければなりません。
.

放送法改正が成立

野党時代から担当していた放送法の改正案が成立しました。60年ぶりの通信・放送法体系の見直しですが、ほとんど注目も集めずに改正されました。
私の考えは、大きくひとつです。
今回の尖閣諸島漁船問題の映像流出から分かるように放送と通信の境はどんどんなくなります。電波は届く範囲が狭いですが、ネットは世界につながります。放送と通信との融合により「放送業界も国際競争」にさらされます。これがこの法律の一番大きなポイントだと考えます。ほとんどの人が国内の放送と通信を議論しますが、この点を指摘しません。私の論点は放送のグローバル化です。

これから機会を見て、わが国の放送産業の国際展開推進を検討していきます。
わが国には優れたコンテンツの蓄積があります。これを世界に発信していきたいです。

企業団体献金全面禁止を参院議員総会にて提唱

今朝の参院議員総会にて、全民主党参議院議員の前で、
企業団体献金全面禁止を今国会で提出すべし、と強烈に声を上げました。

お昼の日本テレビではニュースにしていただいたようです。

政治とカネの問題は、民主党もそうですが、政治全体の信頼にかかわる懸念事項です。
超党派の取り組みを進めます。
民主党が出さないのなら、議員立法を提出することも考えます。

TBS 報道特集NEXTで企業団体献金禁止の活動が放映されました

企業団体献金禁止の活動をTBSで放映していただきました。

北教組事件→民主党議員危機感→玄葉光一郎議員が政調会作成運動
→改選議員も危機感→藤末健三立ち上がる→研究会や予算委でがんばるも
亀井大臣に阻止される→与謝野議員と小沢幹事長が水面下で接触か?
→政界どうなる? というストーリーでした。

私は兎に角、政治の信頼回復のため、この機に企業団体献金禁止を実現したいのです。
がんばります!
世論を盛り上げたいです。

参議院予算委員会での質疑

本日、「政治とカネ」問題の集中審議が行われ、私も45分の時間をいただき、
鳩山総理、菅副総理・財務大臣、原口総務大臣、亀井金融大臣に
質問をさせていただきました。

答弁の詳細はまた後日、アップしていきたいと思いますが、
内輪の話を一つさせてください。

実は、この質疑で私がいただいた45分は、私の伝えたいことを詰め込むには
非常に短く、原稿作成に苦しんでいました。
そのため、事前に総務省に、「急ぎなので、大変申し訳ないですが、
原口大臣には2分以内の答弁でお願いします」と、大変失礼なお願いを
させていただいたのです。

原口大臣は、本当に律儀に、早口で、そして早足で発言の場所に行っていただき、
2分以内の答弁をしてくださいました。
内輪の話ですが、私は非常に感動しました。

また、事前打ち合わせが無いにもかかわらず、菅副総理・財務大臣には、
企業・団体献金全面禁止やインターネット選挙運動推進など、
私が今真剣に取り組んでいる課題に全面賛成いただき、
本当にがんばらねば、と勇気をいただきました。

100310yosanni.JPG

「政治とカネ」質疑と第2回企業・団体献金全面禁止研究会

来たる3月10日水曜日午後1時より、参議院予算委員会にて
「政治とカネ」問題の集中審議が行われます。
私も、45分の時間をいただき、質疑に立つこととなりました。
NHKにて生中継されますので、是非ごらんください。

また、同日夕方には第2回企業・団体献金全面禁止研究会を開催します。
前回同様、5時15分より30分間、ニコニコ動画にて生中継される予定ですので、
こちらも是非ごらんください。

↓当日の資料はここからダウンロードできます。
100305★欧米主要国の政治資金制度の概要.pdf

TBS国会トークフロントライン

TBS国会トークフロントラインに出演させていただきました。
ツィッターで皆様からご意見いただき、実際の政策に反映することができた
実績などの経験を話させていただきました。

リアルでお会いすることができない遠隔の方々、
そしてビジネスにご多忙な方々からの貴重なご意見を
どんどんうかがえることができるツールはすごいです。

公開会社法、インターネット選挙運動解禁など、
今後も重大トピックについて、みなさまからの
ご意見をどんどんいただきたいと願っています。

tbsfront.JPG

太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中

日本テレビ系列「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中」に現在準レギュラーとして出演させていただいております。
番組情報を記載させていただきますので、皆様お暇がありましたらご覧ください。

デジタル放送:4ch
アナログ放送:4ch
放送日時:毎週金曜日 19:56~20:54
1

トップへ戻る