月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2004年
  • 藤末健三後援会
  • 藤末健三後援会
  • ふじすえ健三メルマガ
  • 参議院比例代表の投票
  • ふじすえ健三チャンネル
  • facebook公式アカウント

ブログ

6200億円のトール買収について、日本郵政の取締役会の議論を行っていなかった問題

日本郵政は2017年3月期決算でオーストラリアの物流会社のトール・ホールディングスのれん代約4000億円を減損損失として計上し、赤字になっています。

2015年のトール・ホールディングスの買収について、親会社となる日本郵政の取締役会で一度も議論せずに契約を承認していたことが、会計検査院の検査で判明しました。
取締役からは書面で同意を得たということですが、これだけ大きな経営判断を取締役会で議論しなかったことは会社のガバナンス上問題だと感じます。

大きな問題ではないでしょうか。

まずは、会計検査院から詳細を聴いてみます。

日本郵政株の二次売却価額が1株あたり1322円となりました。

昨日(9月25日)に財務省は、日本郵政株を1株あたり1322円で2次売却すると発表しました。株価は売却の公表前より高くなっていますが、株式公開時の1400円を下回るものです。

公募で1.3兆円、郵政の自社株買いで0.1兆円と1.4兆円の売却収入となります。一次売却と合わせて2.8兆円で、これらの収益は東日本大震災からの復興財源となります。

最終的な郵政株式売却による復興財源目標はは4兆円、2022年度までにあと1回売り出することになります。

この2次売却により、財務省が保有する郵政株の比率は8割強から6割弱に下がります。 三次売却でおそらく政府の保有比率が5割を割ると見ています。

そのような中で、郵政グループが、株主だけのためでなく、利用者ため、郵政で働く方々のため、そして地域や社会のため、に役立ってもらうようにしていかなければなりません。

郵政関連法制の見直しも含めて引き続き色々と勉強していきます。 

日本郵政株式会社株式の第2次売出しに関する報道

日本郵政株式会社株式の第2次売出しが公表され、経済関係誌では最大1.3兆円の大規模売り出しとして比較的大きな記事が書かれています。 内容的にはあまり好評でなく、やはり、トール買収の失敗や今後の成長戦略が見えないなど批判的な記事が多いと感じます。

ロイター記事:日本郵政株売却、市場に広がる不安 描けぬ成長の道筋

週刊ダイヤモンド:買ってはいけない日本郵政(6178)!経営陣も財務省もこの会社の行末を知っている

マネーボイス:日本郵政の危ないマネーゲーム。個人をはめ込む政府株売却の本音と建前=近藤駿介

郵政は公器だと私は思っています。

株主の方ばかりを見過ぎないように事実上の最大株主である国民の代表として意見を国会で述べていきます。

「日本郵政株式会社株式の第2次売出し実施」が公表されました

本日、日本郵政の大株主である財務省が日本郵政株式会社株式の第2次売出し実施を公表しました。

政府が保有する日本郵政株式会社株式は、財務省が国債整理基金特別会計として保有しています。

郵政グループの株式売却は、所属する財政金融委員会でも質問を行っており、財務省理事局も私には適宜報告・相談に来てくれます。

 

2ndsellyuusei.png

 

 

今回の売り出しは、
引受人の買取引受けによる売出し分9億1,393万7,600株、追加売出し分7,616万1,500株(上限:調整分)、合計9億9,009万9,100株(発行済株式総数の22%)の売出しを今回行います。
価格決定は、ブックビルディング(需要積上げ)で行われます。
そして、売出価格等決定日は、9月25日~27日のいずれかの日となります。


郵政グループの経営に株主構成は大きな影響を与えます。
郵政グループが公益性・地域性を発揮できるように引き続き国会から見ていきます。

ダイヤモンド・オンライン記事「日本郵政、大型買収で迷走の元凶は「高株価維持」の重圧」

ダイヤモンド・オンラインに『日本郵政、大型買収で迷走の元凶は「高株価維持」の重圧』という記事が出ていました。

簡単にいうと「大株主である財務省の意向で株価を高くするため、郵政は大型買収をしかけている」との趣旨です。

国会から政府を見ていると、「それもあるな!」という一面もあります。

ただ、私が思う郵政の最大の問題点は「経営者が外部の方々であり、現場のことをしらない。また、郵政に対する愛着が少ないのではないか。」ということです。
批判もありますが、昔、昭和に郵政省に入った官僚は、郵便局長を経験しています。ここで現場を知り、本省に戻り経営企画するという仕組みが壊れてしまったことが大きな問題ではないでしょうか。

私の父は郵便局員でした。幼いころから郵政官舎で育ててもらいました。いつも官舎内で遊び、官舎内で人の家にも勝手に上がっていました。
子どもの頃の友人は今でも連絡を取っています。
すごく家族的雰囲気でした。

民営化し、株主のための会社に変わってから、郵政の家族的な雰囲気がなくなっているように感じます。
日本政府が最大株主なわけですから、利益ための会社でなく、世のため、働く方々のための会社であってほしいです。

記事の最後に
『だが、05年の郵政選挙で民営化を支持した多数の国民は、そもそも次々と「花火」を放つような経営を望んでいたのだろうか。
郵政は、国鉄(現JR)のように年1兆円超の赤字を出し続けたり、電電公社(現NTT)のように割高な利用料を取っていたりしたわけでもない。「郵政民営化が必要だったのか、いまだに疑問がぬぐえない」と総務省OBは語る。』
とあります。
私も正しく同感です。

郵便局の新事業になるか?局のフロアの貸し出し

日本郵便は、郵便局のフロアを企業に貸し出すサービスの実証実験を始めましたようです。
NHKニュース
テレビ朝日ニュース

2013年夏にイギリスの郵便局を視察した時に、空いたスペースを企業に貸し出しをしていましたが、とうとう日本の郵便会社もスペース貸に乗り出すとのこと。


実証実験は、東京・八王子市の八王子上柚木郵便局で行われ、
日本生命がフロアの一角を借りテレビ電話のシステムを設置します。
このテレビ電話では、新規の保険契約はできませんが、住所や受取人を変更する手続きができます。
しかしながら、あまりにも事業が多様化するとマネジメントが大変でないかと危惧します。

日本の郵便、170カ国中 世界ランク3位に! 

万国郵便連合(UPU)の世界の郵便事業の評価で日本の郵便が3位となりました。

対象は170カ国で、UPUが2016年の調査として、郵便業務のサービス評価を指数化したものです。やはり、日本の郵便は正確に早く届くということでしょう。

postal development.png

 


日本の総合点は94.09点です。
郵便サービスだけでなく、貯金や保険といった金融サービスを提供していることも高く評価されています。

1位がスイスの郵便で、総合点は100点でした。
2位はフランスの94.75点です。
是非とも一位になってもらいたいですね。

post office world ranking.png

 

 

郵政議員連盟開催!

平成29年6月9日(金)、衆議院第二議員会館にて、民進党郵政議員連盟が開催されました。

20170609その1

当日は、日本郵政グループより原口亮介・日本郵政株式会社専務執行役、全国郵便局長会より青木進会長、日本郵政グループ労働組合(JP労組)より窪田義明書記長に、それぞれお越しいただき、経営の現状及び要望について、お話いただきました。

20170609その2 20170609その3

 

法律にも明記されているとおり、ユニバーサルサービスの維持は、郵政事業にとって必要不可欠なものです。引き続き、国政の場において、利用者の方々の利便性向上と働く方々の処遇改善に向けて取組を進めてまいります。

郵便切手・はがき きょうから23年ぶりに値上げ

今日から葉書が値上がりします。300億円の売り上げが上がると聞きます。

料金を上げるだけではなく、職場環境の改善と生産性向上に投資が必要です。また、同時に郵便小包のサービスの見直しをする必要があると考えます。

サービスの向上も重要ですが、ブラック企業と現場で働く方々が揶揄する郵政は、まずは働く方々の労働環境を優先すべきではないでしょうか。

特に今回4,000億円の損失を計上しましたが、この金額を現場へ投資できたら大きく現場の環境も変わったと思います。非常に惜しまれます。

 

(NHK NEWS WEB 6月1日 11時35分)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170601/k10011002651000.html

 

 

 

ゆうちょ銀限度額上げ必要、全特会長 郵政損失「遺憾」

日本経済新聞に以下の記事が掲載されていました。

引き続き、藤末も、国政の場において、働く方々、利用者の方々のための郵政事業の在り方について、模索してまいります。

 

(以下、記事内容)

全国郵便局長会の青木進会長は28日、大阪市内で開いた通常総会後に記者会見し、ゆうちょ銀行の預入限度額の引き上げを求める考えを示した。限度額は昨年4月に1000万円から1300万円に引き上げられた。青木会長は「まだ高齢者ら年金受給者には対応できない」と指摘。通常貯金の限度額撤廃も求めた。

青木会長は同日の総会で、日本郵政が豪物流子会社を巡り4千億円の損失を計上し、2017年3月期に初の連結最終赤字となったことにも言及。「遺憾と申し上げるほかない。郵政幹部には二度とこんなことが起こらないよう強く要望する」と話した。

 

(2017/5/28 18:36 日本経済新聞web版)

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H0Z_Y7A520C1NN1000/

 

1   2   3   4   5   6  

トップへ戻る