プロフィール

年表でみる ふじすえ健三

1964年2月18日
熊本県熊本市に生まれる
幼いころはやんちゃで落ち着きがなく、勉強もできなかった。
1982年(18歳)
熊本高校卒業 東京工業大学入学
高校・大学とボート部に所属。特に大学時代は練習に明け暮れ、全日本で2位となる。
1986年(22歳)
通商産業省(現:経済産業省)入省
法案の作成や政策の検討で、連日深夜までの激務。 そうした中でも語学の勉強を続け留学への準備を重ねる。
1991年(27歳)
結婚 現在2女1男の5人家族
家族の存在が励みとなり、より仕事や勉強に身が入るようになる。
1994年(30歳)
ハーバード大学で修士号を取得 プロボクシングライセンス取得
アメリカで初めて学問の喜びを知る。また「通産省という組織に所属した自分」ではなく、「個としての自分」の存在に気づく。留学中は勉強だけでなくボクシングで体を鍛え、プロボクシングのライセンスも取得する。穏やかな環境の中で家族に囲まれ、大好きな学問とボクシングに熱中できる幸せをかみしめ、この瞬間が自身の「幸せの原点」となる。
1999年(35歳)
東京工業大学で学術博士号を取得
アメリカで書き始めた論文を、帰国後も毎朝5時前に起きて書き上げた。 東京大学講師へ転任(翌年、助教授) 経営論と政策論を教える。生徒からの評判は上々だったという。
2004年(40歳)
東京大学を退職 参議院議員選挙初出馬
解説者ではなく、プレーヤーとして政策を実現するため、政治の世界を志す。全国比例区で182,891票を頂き、初当選を果たす。
2005年(41歳)
中国清華大学客員教授就任 早稲田大学客員教授就任
2010年(46歳)
参議院議員選挙 2期目当選
全国比例区で128,511票を頂き、再選を果たす。
2011年(47歳)
参議院総務委員長 就任
全国比例区で128,511票を頂き、再選を果たす。
2012年(48歳)
総務副大臣及び郵政担当副大臣 就任(第3次野田改造内閣)
2013年(49歳)
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士後期課程修了 博士号(国際関係論)取得
2016年(52歳)
参議院議員選挙 3期目当選
全国比例区で143,188票を頂き、再選を果たす。
2017年(53歳)
民進党を離党 参議院会派「国民の声」設立 代表に就任